2022 / 4 / 27 /

環境SDGs活動!外構でも大活躍の、グラウンド生コンクリートをポンプ車で打設!

福井市の川西地区
山があり、海にも近い場所。この地域に生コンを届ける。届けた生コンをポンプ車で圧送する!
今回は、舗装コンの打設!とても狭い現場のため、配管を何本もつなげ遠くまでコンクリートを送って打設します。

狭いところ、遠いところ、高いところにどうやってコンクリートを流しているのだろう?と疑問に思ったことはないですか? とても難しい場所には、このようにポンプ車と配管などを利用し工事を進めていきます!
動画で見たほうが分かりやすいので、まず動画をチェックしてみてください😁😁😁

数年前、北陸新幹線工事のピーク時、生コンクリートの取り合いとなり材料不足がとても問題となりました。
骨材の供給、砂の供給、生コンを製造プラント、生コン車の不足、ダンプの不足、そして各職種の不足。
そんな中、4年前からやり始めていた、残コンの再生事業、廃棄瓦骨材の有効利用、ポンプ先行材、ポンプ残コン改質剤が見事に機能!

いろんな人に出会い、知恵を貸していただき、たくさん失敗して、ようやく形になった事業!

この記事をシェアしたい方はこちらへ
© 2015 - 2021 有限会社川端工業