川端メソッドで
高所・低所・長距離
広範囲・変形地もクリア。

難しくなればなるほど力を発揮するのが、私たちです。最新の設備、技術、そして豊富な人材が、貴社の圧送課題を解決。その圧送、あきらめる前に川端工業に相談しませんか。

※ 写真はすべて現場社員が撮影。

高所
高さ100 mへ。 足場をつくって 3tの生コンを押し上げ納期通りに圧送。
時期:2018年10月
現場:ハピリン(福井駅西口・高層ビル)
車両:PY100-26H
長距離
山道から山中へ。 約350mの配管を少人数でつなぎ難なく圧送を完遂。
時期:2013年7月
現場:山中
車両:PY100-26H
低所
地下30mもの場所に正確に圧送。ポンプとホースの熟練のオペレーターたちの連携が光った。
時期:2013年1月
現場:布施田橋(橋脚)
車両:PY120-33

01.Mobility

日本列島のどこへでも理想的な
コンクリートを提供 できる機動性

現場で、最適な
コンクリートを打設するため
運搬中も常に品質確認。

遠方の現場では
その場でコンクリートを
製造し、打設します。

02.Flexibility

山奥も、水中も、高層ビルも、変形地も
最先端設備で安定圧送する柔軟性

高所・広範囲の圧送には
日本最大級の
47mブームが活躍します。

どんな難所にも入り込み
指定の場所へ
ブームを伸ばすことができます。

03.Efficiency

コンクリートにかける手間と費用を最小化
川端オリジナル商品が実現する効率性

先行材を
500L から 16L へ。
大幅にコスト削減できます。

特別な設備不要。
残ったコンクリートを
たった3 分で処理できます。

04.Craftmanship

どんな難問にも必ず答えがあると信じ
アイデアを出し続ける熟練の技術者たち

業界の勉強会にも登壇する
中村がすべての案件の窓口となり
圧送をサポートします。

登録コンクリート圧送基幹技能者4名、
コンクリート圧送施工技士1級15名と
多くの有資格者が在籍しています。

© 2015 - 2021 有限会社川端工業