川端工業の最先端設備

働き方を改革し、生産性高く
まちづくりを推進する

狭い場所や、入り組んだ場所でもいつも通りスムーズに圧送できる設備がトルコで一目惚れしたモバイルプレーシングブームです。輸送管を延長したり、重たいホースを持ったりする手作業が減るため、効率が高まります。配管をつなぐ必要がある場合は次世代軽量パイプを利用。高所や長距離の圧送には47mポンプ車などの日本に数台しかない特殊車両を利用し、ブームを伸ばすことで、圧送作業を大幅に効率化。日本ではまだ珍しい設備を、私たちは積極的に導入し、生産性を高めています。