地球と家族のために進化させてきたモノづくり②

工事のたび、生まれる500L
以上の廃棄物を、ほぼゼロに

建設現場にコンクリートを流し込む前に使われる、モルタルやコンクリートは500L以上。そのすべてが廃棄されている現状に課題を感じていました。開発したのは、モルタルの代わりになる先行剤「モレステ」。およそ16L(バケツ1杯分)で、同じ役割を果たすことができる、当社の特許技術です。それでも余ったコンクリートは残コンバスターという特殊な素材を振りかけるだけで、3分で、砂と砂利に変えることができたり、あるいはコンクリートブロックという形で再利用したりするなど、廃棄物がゼロになるように設計しています。