環境技術提案

  Mortar Lestechnology ( モレステ 

 モルタルの代替になる先行材『モレステ』です。

 「生コン工場」より出荷される運搬されるモルタルの、配車・輸送・人件費・材料・戻りコンの削減。

 「ポンプ圧送業者」先送り技術として提案ができる技術。

 「発注者」ピンク色に色付けしてあるため、どこまでがモレステで、どこからが生コンなのかが明確になるので、品質管理に役立ちます。

 モレステを使えば使うほど、生コン製造し発生する産業廃棄物が減り、各関係業者に費用対効果が生まれる。

モレステの使い方・特徴・廃棄モルタル問題

<特徴>

1、現場でも簡単に練れる。前日に練り置きもできる(再撹拌は必要)

2、モレステは少量で先行モルタルのとなる特徴を持つ。

  ピストン式 ブーム(38m~16m) モレステ 10kg + 水 6kg = 16kg

  スクィーズ式 ブーム(11m~19m) モレステ 5kg +水 3.5kg = 8.5kg

<使い方>

1、ポンプ車の配管に直接投入させる(ピストン式)

  ホッパー投入し限界まで吸い込ませる(スクィーズ式)

2、スロー圧送で材料に抵抗をかけずに送り出せる

<廃棄モルタル・先行モルタル処理問題>

1、材料の選別ができる

  どこまでが先行材でどこからが生コンかが色判別できる(動画参照)

      先端より出した先行材は必ず採取すること。(打ち込み不可)

 

<先行モルタル処理問題>

・ポンプ圧送には欠かせない先行モルタル。いきなり砂利を圧送すれば、構造物には入れてはいけない。(水セメント比が変わる)

・先端で正常化生コンが排出されるまで、モルタルと混ざった生コンは廃棄しなければいけない。

・モルタルも・生コンも同じ色をしているので、どこまでがモルタルで、どこからが生コンかはわからない。

・ポンプホッパーに投入するので、ホッパー内残留モルタルが大量に生コンと混ざるため、ほぼ最初の1台はモルタルと混ざった生コンになる。

ポンプ車とポンプ車を連結しての打設

5インチ輸送管 60m ブーム水平換算 61m 総延長 120m


水平8m+ブーム30m(直上げ)+ 27m(直落とし) +

12m(5インチ)+21m(4インチ)+7m(ホース)=約100m

低スランプ、大粒系骨材

動画紹介